東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

避難者、思い出と感謝語り合う JICA二本松でお別れ会 

感謝の言葉をつづった作文を発表する子どもたち

 今月末までに全員が福島県内の仮設住宅などへ移ることが決まった二本松市のJICA二本松訓練所の避難者は24日、お世話になったJICA職員や県職員らへ感謝の気持ちを込め、お別れ会を開いた。ばらばらになってもみんなで前を向いて生きていくことを誓った。
 避難者約130人とJICA職員、県職員らが参加した。水谷恭二所長が「岳温泉に来た際は立ち寄ってほしい」とあいさつ。訓練所でのイベントや生活の様子をまとめたスライドショーが流れると、避難者たちは目を潤ませながら見入り、思い出を懐かしんでいた。
 最後に子どもたちが作文を発表。「避難してきた際は不安でいっぱいだったが、みんなのおかげで毎日楽しく過ごすことができた」「優しくしてくれた皆さん、ありがとうございました」などと元気いっぱいに述べた。
 南相馬市から避難している相川恭亮君(二本松三中3年)は「避難所で出会った友達と別れるのは寂しいが、ここでの思い出を忘れず元気に過ごしたい」と前を見据えた。お別れ会を企画した避難住民自治会の遠藤良一会長は「心まで被災者になってはいけない。今後は福島の復興のため、自分のできることからしていく」と力強く語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧