東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

鉱石を積んだ外航船が入港 小名浜港

小名浜港で行われた鉱石の荷揚げ作業

福島県いわき市の小名浜港藤原埠頭(ふとう)に27日、鉱石を積んだ外航船が東日本大震災後、初めて入港した。
 入港したのは丸紅が運航する貨物船「オリエンタルフェニックス」(キプロス船籍)で、パプアニューギニアから鉱石1万800トンを積載し、到着した。
 震災で荷役機械が破損しているため、船に積載しているクレーンで約5日間かけ荷揚げ作業を行う。荷揚げ後、小名浜製錬所で使用する。
 27日は小名浜港3号埠頭で、小名浜製錬所で精製している硫酸の初輸出作業も行われた。住友商事が運航する輸出船「サザンファルコン」(パナマ船籍)に硫酸8500トンを積載した。28日、中国に向け出港する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧