東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

一時帰宅、来月中旬で一巡 延べ2万4000人終える

 東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内の警戒区域への住民の一時帰宅が8月中旬で、ほぼ終了する見通しとなった。政府の原子力災害現地対策本部が29日、明らかにした。
 対策本部によると、これまでに9市町村合わせて延べ約2万4千人が一時帰宅した。残る希望者は南相馬、楢葉、富岡、大熊、双葉、浪江の6市町の約1万2千人で今後、10日程度で終える見通しが立ったという。対策本部は2巡目の一時帰宅を実施する方向で検討に入る。
 ただ、自動車の持ち出しは希望のある約4500台分が終了しておらず当面、続ける。
 一時帰宅は5月10日の川内村をトップに始まり、同村と田村市、葛尾村は終了している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧