東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

小児被ばく線量通知

 福島第一原発事故を受け国と県が3月下旬にいわき市など3市町村の小児(0~15歳)約1050人を対象に実施した甲状腺被ばく検査の説明会は17日、いわき市をトップに始まった。

 政府の原子力被災者生活支援チームが市総合保健福祉センターで開いた説明会には、検査を受けた市内の約130人のうち約30人の子どもと保護者らが訪れた。放射線医学総合研究所(千葉市)の後藤孝也医師らが甲状腺がんの放射線リスクや内部被ばくが起こる経路などについて説明。検査結果では国の基準を超えた子どもはいなかったことなどを話した。

 個別の相談も行われ、各自に結果が伝えられた。小学5年の長女(11)と訪れた市内の男性会社員(44)と妻(38)は「(説明会で)不安が少しでも解消できればと思ったが...。娘のことを考えるとやはり心配だ」と口にした。

 妻(38)と説明を聞きに訪れた市内の男性会社員(41)は3人の子どものうち、検査を受けた2人がわずかに被ばくしていたという。「大丈夫という言葉を信用するしかない。子どもたちを心配させないように『大丈夫だった』と知らせたい」と話した。

 説明会は18、19の両日は飯舘村対象に福島市のコラッセふくしまで、21日は川俣町対象に川俣町の公民館で開かれる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧