東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

小児甲状腺被ばく検査結果説明会 福島

 東京電力福島第一原発事故を受け国と県が3月下旬にいわき、川俣、飯舘三市町村で15歳までの子ども約千人を対象に実施した甲状腺被ばく調査の説明会は18日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。

 飯舘村で検査を受けた子どもの家族ら約20人が出席した。政府の原子力被災者生活支援チームが調査結果の概要、放射線による甲状腺への影響などを説明し、個別の相談を行った。

 長女(8つ)の測定値がゼロではなかった団体職員の女性(38)は「大丈夫と言われたが、子どもの成長に関わることで、不安は消えない」と語った。また、長男(1つ)の測定値が毎時0・01マイクロシーベルトだったという女性(25)は「説明を受けても落ち着かない気持ちだ」と話した。

 調査では約45%の子どもが毎時0・01マイクロシーベルト以上の甲状腺被ばくを受けていたことが判明した。いずれも微量で、基準値とした毎時0・2マイクロシーベルトを超えた子どもはいなかった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧