東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

年間500ミリシーベルト超の地点も 警戒区域の放射線量推計値 距離と単純に比例せず

 東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域では、3月11日の事故発生から1年間の積算放射線量の推計値が最高で508・1ミリシーベルトと、極めて高い地点があった。文部科学省が19日に発表した50地点の推計値で、最高地点は同原発から西南西に三キロ離れた大熊町小入野。今月9〜11日に地上一メートルで測定した空間放射線量の平均は毎時75マイクロシーベルトだった。

 推計方法は、1日のうち屋外に8時間、木造家屋内に16時間滞在すると想定。今月12日以降は9〜11日の測定平均値が続くと仮定した。年間被ばく限度(単位ミリシーベルト)は一般人が一、原発作業従事者が通常時で50(5年累積で100)、福島第一の緊急時特例で250とされている。500超はこれらを大幅に上回り、健康への悪影響を否定できない。

 同原発から放出された放射性物質のうち、主要なセシウムの半減期は134が約2年、137が約30年と長い。警戒区域の中でも特に放射線量が高い地域では、現状では立ち入り禁止の解除は困難とみられる。

 警戒区域内の測定地点で同原発から最も近いのは2・5キロ離れた大熊町内の三地点で、年間積算線量推計値(単位ミリシーベルト)はそれぞれ393・7、169・2、143・4だった。線量は単純に距離と比例せず、3月に放射性物質が放出された際の風下に当たり、集まりやすい谷地だったり、付着する草木が多かったりする地域に高い傾向がある。計画的避難区域内でも、同原発から北西に22キロ離れた浪江町昼曽根では229・9だった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧