東日本大震災

  • Check

再開通来月中旬ずれ込み 通行止めのいわき石川線・才鉢地区

【写真】再開通の時期を示した連絡調整会議

 通行止めが続く県道いわき石川線の、いわき市田人町石住字才鉢地区の仮橋工事の完成が遅れ、再開通は8月下旬から9月中旬にずれ込む見通しになった。26日、同市で開いた関係機関連絡調整会議で県が示した。
 県によると4月11日の余震で才鉢地区と同市渡辺町上釜戸地区の2カ所で土砂崩れが発生した。才鉢地区は鮫川に2つの仮橋を設け対岸を迂回(うかい)する工事を進めていたが、基礎岩盤が想定以上に固く難航した。さらに7月末のゲリラ豪雨や余震も大きく影響した。
 一方、上釜戸地区は県道を覆った土砂の上に仮道の整備を進めている。工事は順調に進み27日以降、舗装工事とガードレールを取り付け、31日午後3時に通行止めを解除する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧