東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

本県沿岸漁、9月も断念 県漁連、10月試験操業目指す

 県漁連は29日、福島市のJA福島ビルで県漁業協同組合長会を開き、操業再開を目指していた9月の底引き網漁と、小型船による刺し網漁、船引き網漁など本県沿岸での漁を断念し、自主休漁を継続することを決めた。今後、漁協ごとにモニタリング体制の整備をはじめとした試験的操業のための計画を作り、早ければ10月にも試験的に操業を開始することを確認した。
 会議では、一部の魚種で放射性物質が暫定基準値を超えていることを理由に、小型船による刺し網漁と船引き網漁の自粛を継続することを決めた。さらに、今月10日に県機船底曳網漁業組合連合会が9月解禁の底引き網漁を自粛することを決めたことが報告された。このため、大震災と原発事故以降続いている沿岸漁業の自主休漁が9月も継続されることになった。
 会議には各漁協、水産庁、県から約40人が出席した。会議終了後、県漁連の野崎哲会長は「モニタリング体制を整えて1日も早く操業を再開したい」と述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧