東日本大震災

  • Check

飯舘村が村内に管理型仮置き場 除染に2000億円見込む

 原発事故による計画的避難区域に指定され全村避難した飯舘村は29日までに、村内の国有林に放射性物質の付着した水田の表土などを村が管理して一時保管する方針を決めた。国は除染作業で発生した廃棄物について市町村内に仮置きするよう求めているが、一時保管の用地を村自らが新たに確保し、管理するのは県内の自治体で初めてとなる。
 村は一時保管場や、公共施設や民家、農地の除染なども盛り込んだ計画を、国、県と協議し9月中旬までに策定する方針。除染費用は2000億円程度を見込んでいる。
 30日に東北財務局職員が保管場所候補の山林を現地調査する予定で、村は2年後の帰還を目標に村内全域で除染作業を行う方針。このため国が中間貯蔵施設や最終処分場を整備するまでの一時保管場の確保が不可欠と判断した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧