東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

郡山市は市有地保存を提案 2日に喜久田で埋設実験

表土除去と一緒に側溝の汚泥の仮置き場に予定されている郡山市の喜久田スポーツ広場。穴を掘る場所について確認する市職員ら

 除染による土砂や汚泥などの仮置き場所の問題で、郡山市は市内のスポーツ広場や都市公園など市有地に仮置きするモデルケースを地域住民に提案する。汚泥は広場などの表土除去で掘る穴に、表土と一緒に入れて保管する。10月2日には市内喜久田地区で通学路除染活動で出る汚泥を同地区のスポーツ広場に埋設する実験を行う。
 市は9月9日に喜久田地区の各町内会長に説明し、地域の理解を求めた。
 10月2日は区長会や地区の全17町内会をはじめ、PTAなど各種団体が参加する。各町内会にはそれぞれ1袋25キロ入りの専用袋100枚を配布する。袋を埋める穴は1メートル30センチの深さにし、防水シートなどを三重に敷き、土は地表から深さ30センチになるようかぶせる。
 27日には市職員らが仮置き場の喜久田スポーツ広場を視察した。穴は28日から掘り始める予定。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧