東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

住2年、農5年、森林20年 飯舘村が除染計画

柳沢本部長に除染計画を手渡す菅野村長(左)

 東京電力福島第一原発事故で全村が計画的避難区域に指定されている飯舘村は28日、独自に策定した除染計画の詳細を明らかにした。「住環境」は約2年、「農地」は約5年、「森林」は約20年で完了を目指す。除染後の数値について住環境は「年間線量1ミリシーベルト以下」とし、放射性廃棄物は村内の国有林に仮置きする。
 除染後の数値は農地の土壌中の放射性セシウム濃度を「1キロ当たり1000ベクレル以下」などにする。
 「村除染事業協同組合(仮称)」を設立して雇用の創出や作業の安全管理も担う。作業を先導する「除染リーダー」を育成する。
 除染費総額は3224億円と試算した。内訳は放射性物質管理費が1362億円、農地に851億円、森林が368億円、宅地に143億円。放射性廃棄物の焼却炉設置などに500億円を見込んだ。予算の確保は国などと協議する。菅野典雄村長は同日、計画書を政府の原子力災害対策本部現地対策本部の柳沢光美本部長(経済産業政務官)に手渡し、「古里を守るために一生懸命に取り組みたい」と協力を求めた。佐藤雄平知事にも計画書の作成を報告した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧