東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

被ばく医療専門2講座を新設 福医大

 福島医大は28日、被ばく医療専門の医学講座として医学部に放射線生命科学講座と放射線健康管理学講座を新設すると発表した。
 医学講座の新設は震災後初で、放射線生命科学講座教授に広島大病院血液内科講師の坂井晃氏(51)、放射線健康管理学講座教授に長崎大病院永井隆記念国際ヒバクシャ医療センター准教授の大津留晶氏(54)が就く。
 東京電力福島第一原発事故を受け、同大が放射線医療の拠点化を目指しまとめた復興ビジョンの一環。具体的な研究内容は両教授が決めるが、放射線生命科学講座は基礎医学系、放射線健康管理学講座は臨床医学系の被ばく医療を担う。設置は10月1日付。
 坂井氏は広島県三原市出身、広島大大学院医学系研究科修了。広島大原爆放射能医学研究所血液内科助手などを経て平成16年から現職。
 大津留氏は長崎市出身、長崎大大学院医学研究科修了。長崎大医学部付属原爆後障害医療研究施設助手を経て平成15年から現職。
 坂井氏は11月1日、大津留氏は10月1日に就任予定。同大医学部の講座は41になった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧