東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

11月25日再オープン いわき・ら・ら・ミュウ

復旧作業が進む「いわき・ら・ら・ミュウ」

 いわき市小名浜の「いわき・ら・ら・ミュウ」は、11月25日に再オープンする。運営する第三セクター・いわき市観光物産センターは28日、取締役会を開き決めた。センター社長の鈴木英司いわき市副市長が同日、記者会見した。
 いわき・ら・ら・ミュウは東日本大震災の津波で1階部分が壊滅的な被害を受けた。現在も復旧作業中だが、震災前に32店舗あった鮮魚店などのテナントのうち約8割の入店が決まっている。復旧事業の総工費は約6億5000万円。
 施設のテーマは「安全・安心の担保」「地元客、ファミリー層の取り込み」。約510平方メートルのスペースに東北最大級の室内型あそび場「キッズキャンパス(仮称)」を設置し、乳幼児から児童まで楽しめる巨大遊具などを用意する。入場料は保護者・子ども一律100円。
 同施設の周囲が約45センチ地盤沈下していることなどから、津波や高潮の予防策として施設の周りには高さ約75センチ、幅80メートルのアルミ製の防護壁を設ける。
 鈴木社長は「保護者の放射線に対する不安を一掃し、地元の子どもたちが天候に左右されず思い切り遊べる環境を整える」と述べた。
 同施設の昨年度の来館者は約230万人で、本年度は約半分を予想している。テナントの賃料や共益費は震災前の約3割減で対応するという。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧