東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

伊達市がスクールバス運行 保原町富成地区線量低減策

マイクロバスでの送迎が始まった富成小

 伊達市は29日から子どもらの放射線量低減策として同市保原町富成地区で児童らのスクールバス運行を始めた。

 マイクロバス2台で送迎。登校は1回、下校は低学年と高学年の2回で、児童59人のうち、約50人が利用している。運行は来年3月まで。初日は、保護者らに付き添われ、待合場所に集まった児童らがバスに乗り込み登校していた。

 市独自で行った通学路の放射線量調査や国で行った走行モニタリング調査で同地区は比較的高い数値が出ている。保護者らに送り迎えしてもらう世帯も少なくないことから実施した。

 伊達市では学区内の一部が特定避難勧奨地点に指定された小国小、石田小でも市が独自にスクールバスやジャンボタクシーで送迎をしている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧