東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

浪江町と弘前大が連携協定 放射線問題など早期解決目指す

協定書に調印する馬場町長(右)と遠藤学長

 浪江町と青森県の弘前大は29日、放射線問題などの早期解決を目指し、連携協定を結んだ。

 調印式は町が役場機能を移している二本松市の県男女共生センターで行われ、馬場有町長と遠藤正彦学長ら12人が出席した。馬場町長が「弘前大の協力は非常にありがたく心強い」、遠藤学長が「共に復興・再生について考え、問題解決に向け力を注ぎたい」とあいさつし、協定書に調印した。

 同大は放射線や被ばく医療などの研究に力を注いでおり、浪江町の除染や住民の被ばく調査、健康への影響の研究などを進める。町は情報提供などで協力し、早期の復旧・復興を目指す。

 馬場町長は将来的に地震、津波発生メカニズムの研究機関や新エネルギー施設の建設の誘致に取り組む考えも示した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧