東日本大震災アーカイブ

今を生きる 二本松でなじみの味 避難先で居酒屋再開 町民訪れにぎわう

のれんを掲げ、来店を呼び掛ける大清水さん

■浪江の大清水タミ子さん 
 「浪江と二本松の人が一緒に楽しめる店にしたい」。東日本大震災の前まで浪江町権現堂で居酒屋「こんどこそ」を営んでいた大清水タミ子さん(57)は5日、避難先の二本松市に店を再オープンさせた。店の広さは以前の半分ほどだが、変わらないおふくろの味が評判を呼んでいる。
 大清水さんは震災後、いわき市や猪苗代町などを転々とした。猪苗代で常連の客から「おばちゃんたちの料理をまた食べたい」と言われ、再開を決意した。多くの浪江町民が避難する二本松市に何度も通って物件を探し、JR二本松駅前に空き店舗を見つけた。今月5、6の両日に駅周辺で開かれた「復興なみえ町十日市祭」に合わせてオープンした。
 浪江町の中心街に店を構えたのは27年前。大清水さんをはじめ、女性4人で営業してきた。再オープンに当たり、他の3人も集まり、また協力することになった。のれんも同じデザインで新調した。
 お薦め料理は「キムチ焼」「揚げ出し豆腐」「納豆焼」の3品。大清水さんらが作るなじみの味を目当てに、初日から大勢の町民が詰め掛けた。初めて訪れた二本松の人たちにも好評だった。
 大清水さんは「おばちゃん4人で切り盛りしている店。気軽に立ち寄ってほしい。"こんどこそ"頑張ります」と笑顔を見せた。
 同店の電話番号は0243(22)4315。

カテゴリー:連載・今を生きる