東日本大震災

  • Check

114号国道全面通行止め 来月6日から冬季の事故防止 浪江の昼曽根

 県警は東京電力福島第一原発から半径20キロ地点となる浪江町昼曽根地区の114号国道を12月6日から全面通行止めにする。22日、発表した。

 避難者の一時帰宅の際の立ち入り経路ではなく、冬期間は凍結して重大事故の発生が予想されるため。公益目的で許可を受けた車両も通行できなくなる。

 県警は半径28キロ付近となる下津島の同国道上で検問しており、通行車両にチラシを配り注意を促す。各地の仮設住宅の避難者らにも周知する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧