東日本大震災

  • Check

いわき支店開設へ あぶくま信金、総代会で決議

 あぶくま信用金庫(本部・南相馬市)はいわき市全域に営業範囲を拡大し、平にいわき支店を開設する。22日、南相馬市原町区の同金庫本部で開いた臨時総代会で定款変更の議案を決議した。

 東京電力福島第一原発事故で20キロ圏内が警戒区域に指定され、14店舗のうち6店舗が営業できない状態となっている。双葉郡の住民約2万人がいわき市に避難しているとみられ、顧客支援の拡充を図る。これまでの営業範囲は久之浜支店がある久之浜町、大久町、四倉町としていた。来春開店を予定している宮城県亘理支店に続く営業拡大となる。

 認可が下り次第、21日に同市平作町に開設したいわき相談所を仮店舗として営業をスタートさせる。その後、同町の旧ひまわり信金作町支店をいわき支店とする予定。

 東日本大震災や原発事故による不良債権の発生で貸倒引当金の増加が見込まれ、12月から不良債権の査定を進める。査定額などを参考に公的資金の導入額を決める。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧