東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

除染に向け実証実験 福島市でJA新ふくしま

ナシの樹皮を水で高圧洗浄する職員

 福島市のJA新ふくしまは23日、東京電力福島第一原発事故による放射性物質で汚染された果樹園の除染に向け、市内北沢又などの畑で実証実験を行った。JA新ふくしまや市農政部の職員ら約120人が参加。リンゴ、モモ、ナシの樹皮を水で高圧洗浄して削り落とす作業を確認した。

 樹皮の形状によって効果に差があり、最も効果が高かったリンゴの樹皮では放射線量が毎分1800カウント(一分当たりの放射線測定値)から280カウントになるなど、線量が約84%下がった。一方、モモの樹皮は毎分2620カウントから1990カウントと約24%の低減にとどまった。

 同研究所によると作業は落葉期から発芽前までに実施するのが望ましく、JA新ふくしまは県や市と連携して除染マニュアルの策定を急いでいる。

 県農業総合センターは、果実から検出される放射性物質が樹皮から移行しているとみている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧