東日本大震災

  • Check

「会津は安全」47% 県など東京でアンケート

 県などが10月に東京・新宿で開いた「会津秋の大収穫祭」の来場者アンケート(145人回答)で、原発事故による放射能の影響については、ほぼ2人に1人が「(会津は)原発から離れているので安全」と答えた。一方で、10人に1人は「福島県内は放射能量が高いので危険」との回答を寄せた。

 会津は安全だと思うかを尋ねたところ、「原発から離れているので安全」(46・7%)との回答が5割近くに上った。しかし、「福島県内は放射能量が高いので危険」(10・3%)「よく分からない」(43・0%)の合計は、半数を超えた。

 会津の農作物についても8割以上が「出荷されているものは暫定基準値内なので安心して購入できる」(83・9%)と答えた。一方で「基準値内であっても放射能汚染が心配なので購入したいとは思わない」(8・9%)、「とりあえず、今は購入を控えたいと思う」(7・1%)も合わせて16%あった。

 会津への観光では「行ってみたい」(91・1%)との回答が9割を超えたが、1割近くの人は「行きたいと思うが今は放射能が心配」(8・9%)と答えた。

 県会津地方振興局の担当者は「会津地方は放射線量は高くないが、首都圏からみると、不安だったり、安全かどうか、自ら判断がつかなかったりする人が多いのではないか。今後は、特に子どもたちに、実際に本県を訪れてもらい、安心・安全を実感してもらう取り組みが必要」と話している。

 アンケートの結果は24日に会津若松市の県会津若松合同庁舎で開いた連絡会議で示された。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧