東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

最大は原町の高倉で5.2マイクロシーベルト メッシュ調査まとめ

 政府の原子力災害現地対策本部と県災害対策本部は29日、8月から9月にかけて行った放射線量の第2回メッシュ調査のまとめを発表した。2776地点を調査し、最大値は南相馬市原町区高倉の毎時5・2マイクロシーベルトだった。

 4月に1回目の調査をした1779地点のうち、2回目の調査では1710地点で放射線量が減り、全体的に減少傾向になっていることが分かった。30地点が増加、39地点が同じ値になった。県は2回目の調査結果に基づく線量の分布図を作成し、公表する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧