東日本大震災

  • Check

車と牛の衝突事故が相次ぐ 警戒区域内 

 東京電力福島第一原発から半径20キロ以内の警戒区域で車と牛が衝突する事故が相次いでいる。7月以降に双葉署管内の警戒区域で起きた同様の事故は12件に上り、同署は原発作業員らに注意を呼び掛けている。

 同署によると衝突事故は楢葉町で7件、富岡町で3件、浪江町と川内村でそれぞれ1件ずつ起きている。このうち10件は幹線道路の六号国道で発生した。時間帯は夜間が10件と多い。事故原因は牛の発見遅れが6件、牛の急な飛び出しが6件。

 双葉署は「国は早急に野生化した家畜を一カ所に集め保護するなどの対策を取るべきだ」と指摘している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧