東日本大震災

  • Check

放射性物質の食品検査機器使用 専門職員400人養成

 県は年明けから放射性物質の食品検査機器の使用法の研修会を方部別に開き、専門的に扱うことができる職員約400人を養成する。西山議員の質問に荒竹宏之生活環境部長が答えた。

 新たに公共施設に配備する検査機器400台を有効に活用できるよう、研修会を開く。放射線研究の専門家や検査機器メーカーの社員が講師を務め、精度の高い検査方法や結果の分かりやすい説明の仕方を指導する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧