東日本大震災

  • Check

最大値 毎時5.07マイクロシーベルト 伊達市 738地点の線量測定

 伊達市は20日、市が今月に行った市内詳細環境放射線量測定結果を公表した。地表1メートルの測定最大値は市内霊山町下小国の林道の毎時5.07マイクロシーベルト、最小値は市内梁川町白根の消防コミュニティセンター前の毎時0.26マイクロシーベルトだった。

 4カ月ごとに行う調査で、8月に続き2回目。9~11日に実施。1キロ四方(市街地では500メートル)で2カ所を選び、公的な場所738地点で測定した。地表から1メートルと50センチの高さを測定した。

 線量は532カ所(72%)で減少、206カ所(28%)で増加した。

 市は1回目調査と同様に調査結果をマップに作成し、コメントを付けて全戸に配布する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧