東日本大震災

  • Check

路線バスで線量測定へ 27日から福島などで

 京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)は22日、福島交通と協力し、福島市内などを営業走行する路線バスに放射線量を自動測定する装置を搭載し、モニタリング調査する実証試験を行うと発表した。27日に始める。住民の生活圏で継続して調査するのが狙い。
 原子炉実験所などによると、装置は工具箱程度の大きさで、バスの最後部座席の後ろに搭載。全地球測位システム(GPS)で走行中のバスの位置を特定し、インターネットを通じ、県や国などとリアルタイムでデータを共有する。バスの乗客が線量を確認することはできない。
 試験では、福島市や隣接する伊達市、桑折町を走る路線バス1台に載せて調査するという。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧