東日本大震災

  • Check

経産相、マンション賠償指示へ 「予知できず」陳謝

 枝野幸男経済産業相は20日、二本松市の三保恵一市長と経産省で会談し、放射性物質に汚染された疑いのあるコンクリートが使われた同市のマンションの住民らに対する損害賠償を速やかに実施するよう東京電力に指示する考えを示した。
 三保市長が住民の移転費用をはじめ、損害などを国と東電の責任で全額賠償するよう求めたのに対し答えた。
 枝野経産相は「事前に予知できず申し訳ない」と陳謝。その上で「砕石業者に責任があるとは言えない話で、東電(原発事故)と相当な因果関係があると思っている」と東電の責任を認め、原子力損害賠償紛争審査会の指針に関係なく「速やかに賠償手続きに入るよう指示したい」と述べた。
 三保市長は入居者の健康対策や汚染した建築資材の出荷基準の設定なども要請した。枝野経産相は出荷基準について「関係省庁と調整が必要で少し検討させてほしい。まずはモニタリング調査を徹底し、問題のある資材が出荷できないようにする」と答えた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧