東日本大震災

  • Check

保護の犬猫と再会、4分の1 警戒区域

 東京電力福島第一原発から半径20キロの警戒区域内に取り残され、県や支援に入った県外14自治体などが保護した犬と猫は昨年末の時点で計961匹、飼い主の元へ戻れたのは約4分の1に当たる245匹にとどまることが23日、県への取材で分かった。飼い主が見つからなかったり、避難所や仮設住宅でペットが飼えなかったりするのが主な理由。県は保護した犬猫の画像や特徴、保護場所を県のホームページに掲載し、飼い主や新たな引き取り手をさがしている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧