東日本大震災

  • Check

84園6億6700万円請求 私立幼稚園の原発賠償 

永名所長に賠償請求する関会長(右)

 私立幼稚園関係原子力損害対策協議会は24日、東京電力に福島第一原発事故の損害として約6億6700万円の賠償を請求した。

 今回は被害総額がまとまった84園分を請求した。対象は昨年3月11日から8月末までの分で、警戒区域や計画的避難区域内などで活動できなかったために生じた営業損害の減収分などを求めた。東電は同期間の減収分は、震災の影響もあるとして3%を差し引くことにしているが、同協会は全額の賠償を求めた。園児の退園による損害、園庭の表土除去費用、エアコンの購入費なども請求した。

 福島市の福島ビューホテルで、県全私立幼稚園協会理事長の関章信同協議会長らが永名修平東電福島補償相談センター所長に請求書を手渡した。永名所長は「しっかりと受け止めて対応したい」と述べた。関会長は「クラス数が減少するなど、各幼稚園は原発事故により苦しんでいる」と訴えた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧