東日本大震災

  • Check

みんなで帰るんだ 小高区片草行政区長今村栄三さん

 「いつ片草の地に戻れるのか不安な気持ちはある。それでもいつかはみんなで帰るんだ」。原発事故に伴う警戒区域になっている南相馬市小高区片草行政区の区長を務める今村栄三さん(68)は2月19日、震災後初めて集った住民の笑顔に胸を熱くした。

 会社を定年退職し、毎日の畑仕事に汗を流していたが、原発事故で宇都宮市や福島市などへ避難を繰り返した。昨年8月にようやく市内原町区の借り上げ住宅に移った。

 行政区長として地区の住民と連絡を取ろうと試みたが、全国各地に避難した住民の所在を確かめるのは困難だった。市を通じて所在確認を進め、2月に原町区で集会を開いた。

 150世帯のうち、所在が確認できたのは百世帯にとどまった。「古里のことを思うと眠れない夜もあった。片草は地震と津波の被害は少なかった地域。戻れない人も少なくないと思うが、力を合わせて古里を復興したい」と話す。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧