東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

集団賠償申し立てへ 飯舘の長泥地区住民

集団申し立てに向け、住民の意向を確認した説明会

 東京電力福島第一原発事故で、計画的避難区域の飯舘村長泥地区(71世帯、約280人)の住民は25日、東電の損害賠償の増額を求め、政府の原子力損害賠償紛争解決センターに集団で申し立てすることを決めた。申し立ての規模は200人以上で、時期は5月中旬ごろの見通しという。
 東京の弁護士で構成する弁護団は同日、福島市の飯舘村役場飯野出張所で申し立ての目的や今後の手続きなどの住民説明会を開き、意向を確認した。
 政府の避難区域再編で長泥地区は年間被ばく線量が50ミリシーベルトを超える「帰還困難区域」となる可能性が高く、弁護団は「現在の賠償額が実態に合っていない」とし、精神的苦痛に対して月額35万円の賠償を求める。建物などの不動産評価額、避難にかかった費用は個別に計算して請求する見通し。
 4月8日から個別面談を開始し、住民一人一人の意志を確認した上で委任状を取りまとめる。鴫原良友長泥行政区長は「一丸となって賠償増額を勝ち取りたい」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧