東日本大震災アーカイブ

東電常務が白河で謝罪 若松、喜多方でも

鈴木市長(手前)に謝罪する宮本常務(左)

 東京電力の宮本史昭常務は5日、福島第一原発事故発生後初めて白河市を訪れ、鈴木和夫市長に謝罪した。
 宮本常務は「多方面に迷惑と損害を掛けてしまったことをおわびする。万全の補償に向け努力している。分かりやすい迅速な情報公開にも努めたい」と述べた。鈴木市長は「実害を被った生産者などへの速やかな賠償をお願いしたい。自主避難者等への賠償を受け入れたのも当面はやむを得ないと判断したにすぎない。東電は事業者としての責任は重く、誠意をもって当たってほしい」と述べた。
 東電側からは新妻常正福島原子力被災者支援対策本部副本部長らが一緒に訪れた。
 東電側は同日、喜多方市と会津若松市も訪れ、謝罪した。

カテゴリー:福島第一原発事故