東日本大震災アーカイブ

一律賠償で平行線 富岡の区域再編

田審議官と会談する遠藤町長(右から3人目)ら

 東京電力福島第一原発事故に伴う避難区域の再編で、政府原子力災害現地対策本部の富田健介審議官は5日、郡山市の富岡町郡山事務所で遠藤勝也町長と会談した。
 遠藤町長はこれまで通り町内一律の基準で賠償するよう求めたのに対し、富田審議官は「差が生じるのはやむを得ない」という認識を示し、議論は平行線をたどったという。会談は非公開で行われた。会談終了後、遠藤町長が報道陣の質問に応じ、「差は多少出るだろう。しかし、原則的には町内一律という基準でなければ区域の見直しには応じられない」と述べた。
 遠藤町長によると、富田審議官は「さまざまな面で努力する」と答えたが、ケースに応じた賠償の具体案などの提示はなかったという。

カテゴリー:福島第一原発事故