東日本大震災

  • Check

猛暑、節電なし、8月電力不足か 東北電が需給見通し

 東北電力は23日、今夏の電力需給で、平成22年並みの猛暑で節電を実施しない場合、8月のピーク時に供給予備率がマイナス0・6%となり、電力不足に陥る恐れがあると発表した。一方、節電を実施した場合、予備率は2・9%を確保できるとした。
 運転停止中の女川(宮城)、東通(青森)両原発が再稼働しない前提で予測。7、8月の供給力と最大需要の見通しは【グラフ】の通り。供給力は7月が1477万キロワット、8月が1475万キロワット。8月は節電を実施しない場合、1475万キロワットの供給力に対して、最大需要は1484万キロワットとなり、9万キロワット分不足する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧