東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬のMJCに夢の舞台 あすウィーン少年合唱団と共演

歌の最終チェックに集合したMJCアンサンブル

 南相馬市の小中高校生の女声合唱団「MJCアンサンブル」は2日、来日中の"天使の歌声"ウィーン少年合唱団と東京都港区のサントリーホール・アークカラヤン広場で共演する。30日は団員22人が避難先などから南相馬市に集合し、市民文化会館大ホールで仕上げの練習を行った。ウィーン少年合唱団が同年代の女声合唱団と共演するのは創設以来初めてという。
 4月中旬、ウィーン少年合唱団から東日本大震災で被災したMJCと共演したいと要請があった。サントリーホール公演のプレイベントとして、午後4時半から出演する。MJCがオリジナル曲「PRAY(祈ろう)」「あすという日が」「わたしと小鳥と鈴」を披露、ウィーン少年合唱団と一緒に滝廉太郎の「花」を歌う。なかなか集まることができないメンバーは、金子洋一代表らの指導で、歌のチェックを重ねた。
 太田絵菜団長(常盤木学園高1年)は「夢のようなステージ。いろいろな人が支援してくれることに感謝している」と話している。
 MJCは、7月21日に奈良の東大寺大仏殿で行われる大震災追悼イベントで演奏を奉納、8月下旬の鎌倉音楽祭にも昨年に続いて招待されている。8月4、5日のこどもコーラス・フェスティバルにも2年連続で出場する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧