東日本大震災

  • Check

会津の歴史に触れる 中国のツアー団

鶴ケ城で記念撮影するツアー参加者ら

東日本大震災後、中国本土から初の観光ツアーで来県した「日中国交正常化40周年記念、頑張れ!福島応援ツアー」の一行は22日、会津若松市の鶴ケ城などを訪れ、観光地会津の魅力に触れた。
 鶴ケ城では室井照平市長が「会津、福島が安全なことを中国の皆さんに正しく伝えて」と述べ、ツアーを主催した春秋グループの王正華会長に起き上がり小法師(こぼし)を贈った。市観光公社から会津塗の箸と中国語の観光案内DVDが贈られた。
 一行は鶴ケ城会館で赤べこの絵付け体験にも挑戦。下郷町の大内宿にも立ち寄った。24日に茨城空港から帰国する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧