東日本大震災

  • Check

和解契約書を誤送付 原子力紛争解決センター、別の申立人に

 政府の原子力損害賠償紛争解決センターは29日、東京電力福島第一原発事故をめぐる損害賠償で申立人への和解契約書を別の申立人に誤って送付したと発表した。誤送付は初めて。
 センターによると、送付したのは署名前の契約書で和解内容や支払日、振込口座番号などが記載されていた。16日、職員が別の申し立て案件と取り間違えたまま、宛先を記入し発送したという。書類が届かなかった申立人からの連絡で判明した。
 センターは後日、双方の申立人に謝罪した。全職員に注意を促すとともに、2人1組の確認体制で再発防止を図る。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧