東日本大震災

  • Check

除染時間と線量のシステム導入へ 全国初、8月にも福島市

 福島市は除染作業員の就労時間と積算放射線量をデータ化して管理するシステムを8月にも導入する。総務省の補助事業で、同省によるとシステム導入は全国初。
 働いた人、時間、場所、線量などを「就労履歴」としてデータ化して一元管理する。作業員にICカードを貸与し、現場への入場、退場の際にチェックする。情報はコンピューターに保存する。
 市は6月定例議会に提出する一般会計補正予算案に事業費1億2069万円を計上した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧