東日本大震災アーカイブ

県宅建業協会が東電に賠償請求 13日に38億円超

 県宅地建物取引業協会は13日、東京電力に対し、38億5,496万6,849円の損害賠償を請求する。
 協会によると、福島第一原発事故に伴う契約物件のキャンセルや不動産売買代金の減額、賃貸物件の価格値下がりなどに伴う賠償。昨年9月から11月までの損害分で、96事業者分を一括請求する。
 協会は昨年11月にも、190事業者分の損害として23億3,190万6,147円の損害賠償を請求している。