東日本大震災

  • Check

いわきの避難者支援を一本化 連絡協が発足

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で双葉郡からいわき市に避難している被災者らを支援するNPO法人などが「3・11被災者を支援するいわき連絡協議会」を結成した。17日、いわき市社会福祉センターで結成総会が開かれた。市内には約2万3000人が避難しており、今後さらに増えることが予想される。各団体で個別に行っていた活動を一本化し、継続的な支援を強化する。
 子ども支援、健康・生きがい作り、復興・しごと、コミュニティづくり、防災ツアーの5部会を設ける。放射能に対するストレスの軽減や雇用づくり、避難住民といわき市民の交流などを図っていく。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧