東日本大震災

  • Check

富岡の鹿野さん始球式 開成山で楽天戦

始球式を務めた鹿野さん。右は原市長

 郡山市の開成山野球場で22日に行われたプロ野球の公式戦「東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ」の試合に先立ち行われた始球式では、東京電力福島第一原発事故で富岡町から同市に避難する鹿野真希さん(安積一小5年)が投手を務めた。全力で投球する姿に観客から大きな拍手が送られた。
 球場に訪れた野球ファンは熱気に包まれる中、選手のプレーに熱い視線を送った。球場は昨年7月の「ヤクルト対巨人」以来になる公式戦開催に、再び活気にあふれた。
 市内の会社員荒木延伊さん(58)は「地元でプロ野球が見られるなんて最高」と興奮した様子で語り、「復興に向かう本県を活気づけるために、まずは開催することに意味がある。県民の元気につながる」と喜んだ。
 福島市から訪れた会社員佐藤知恵さん(27)は「昨年の今ごろは震災などの影響があった。福島が明るい未来に向かって進んでいる感じがしてうれしい」と頬を緩めていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧