東日本大震災

  • Check

仮庁舎建設安全願う 楢葉で双葉広域消防本部

工事の安全を祈願しくわを入れる山田町長

 双葉地方広域市町村圏組合消防本部の仮庁舎建設工事安全祈願祭は22日、楢葉町山田岡の富岡消防署楢葉分署敷地内の建設予定地で行われた。
 仮庁舎は総事業費1億4000万円、プレハブ2階建てで延べ床面積671平方メートル。通信指令室、会議室、仮眠室13室などが配置される。9月28日に完成予定で10月1日から業務を開始する。
 同消防本部は震災前浪江町にあり震災直後の昨年3月12日に川内村コミュニティセンターに移った。今年4月1日から広野町のJFAアカデミー男子寮に間借りしている。
 安全祈願祭では同組合副管理者の山田基星広野町長、施工者の岡和田薫泉田組社長がくわ入れし、副管理者の渡辺利綱大熊町長、西村栄一消防長ら関係者が玉串をささげた。山田町長は「震災後、防災拠点の移転を余儀なくされている。住民の安全を確保し復興に寄与してほしい」などと語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧