東日本大震災

  • Check

賠償などで国に要望書 富岡の団体

吉田副大臣(右)に要望書を手渡す村井会長

 富岡町の富岡・原発事故被災者の会は22日、国に対し、東京電力福島第一原発事故による賠償を町内全域で同等とすることや廃炉に向けての安全確保を要望した。
 村井良一会長らが福島市の復興庁福島復興局を訪れ、吉田泉復興副大臣に要望書を手渡した。
 要望書には、賠償金には課税しないことや、原発事故の早期収束などを盛り込んだ。
 吉田副大臣は「内容を吟味し、実現に向けて努力したい」と応じた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧