東日本大震災

  • Check

復興支援協組が発足 二本松市の除染事業を受注

 二本松市復興支援事業協同組合は29日、発足した。市内で本格化する除染作業を共同受注し、効果的な除染に取り組む。市は7月下旬、同組合に約2100件の住宅除染を発注する。
 同組合は、市内の土木、建設、管工事、造園など132事業所・団体でつくる。市は今後、除染に関する事業を同組合に発注する方針。
 同日、市民交流センターで開いた設立総会には約120人が出席した。本多勝一設立準備会代表(本多建設社長)が「二本松市の復興はわれわれ地元の手で進めよう。市民のため除染を頑張っていく」とあいさつ。本多代表を理事長とする役員案を承認した。
 議事では、総額120億100万円の今年度予算案と、市発注除染事業の積極的受注や技術力向上を目的とした研修会の開催など今年度の事業計画を決めた。
 理事長以外の主な役員は次の通り。
 ▽副理事長=尾形定蔵、野地一司、渡辺英世、野地勇雄▽専務理事=安斎一男

東日本大震災の最新記事

>> 一覧