東日本大震災

  • Check

キノコと山菜基準値下回る 放射性物質検査

 県は29日、キノコと山菜の放射性物質の検査結果を【表】の通り発表した。6市村の2品目、9点を調べた結果、全ての検体で放射性セシウムは検出下限値未満か、食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下だった。

【放射性物質の検査結果】

※単位は1キロ当たりのベクレル。左の数値はセシウム134、右はセシウム137。「<」の右側の数値は検出下限値。

【キノコ・山菜】

※食品衛生法の基準値は放射性セシウム(134、137の合算)100ベクレル。

いわき:菌床シイタケ(施設)
検出せず6.26
(<4.8)
相馬:菌床シイタケ(施設)〃(<5.1) 8.33
相馬:菌床シイタケ(施設)6.90  11.2
相馬:菌床シイタケ(施設)
検出せず 3.55
(<3.7)
天栄:菌床シイタケ(施設)8.15  11.4
天栄:菌床シイタケ(施設)10.4  15.7
鮫川:菌床シイタケ(施設)6.42  8.15
川内:菌床シイタケ(施設)7.59  8.04
会津若松:フキ
検出せず 検出せず
(<3.8) (<3.9)

東日本大震災の最新記事

>> 一覧