東日本大震災アーカイブ

県議会 原発意見書を可決  再稼動は安全確保最優先

 6月定例県議会最終本会議は、企画環境委員会が提出した「原子力発電所の再稼働について住民の安全・安心の確保を最優先に対応することを求める意見書」を全会一致で可決した。県議会事務局によると、原発関連議案の全会一致での可決は珍しいという。
 意見書は、福島第一原発事故が原因究明に至っていない段階で、国が関西電力大飯原発の再稼働を決定したことについて「原発事故の被災県としては受け入れ難く、非常に残念」と指摘。「再稼働の判断に当たっては、福島第一原発事故を十分に検証し、住民の安全・安心の確保を最優先に対応するよう強く求める」としている。