東日本大震災

  • Check

県商議所連のキャラバン隊 東京から全国行脚スタート

モモを受ける岡村会頭(手前右)と(後列右から)宮森委員長、瀬谷会長ら

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した福島県の現状と魅力を発信する県商工会議所連合会の「ありがとう全国キャラバン隊」は23日、東京都千代田区の東京商工会議所ビルを訪れ、全国行脚をスタートさせた。
 隊員は連合会の瀬谷俊雄会長、宮森泰弘政策委員長らで構成している。日本商工会議所会頭を務める岡村正東京商工会議所会頭と面会した瀬谷会長は「震災を風化させないために今の福島を知ってほしい」とあいさつ。岡村会頭は「1日も早く明るい兆しが見えるように支援したい」と答えた。
 続いて、県の星春男観光交流局長が佐藤雄平知事のメッセージを伝え、出席者が今後の協力体制について意見交換した。ミスピーチキャンペーンクルーの清野真矢さんが福島産のモモ、ミスうねめの横山三冬さんが菓子を贈呈した。
 キャラバン隊は震災後の支援のお礼も兼ねて、8月下旬までに関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州の全国7ブロックの中核的な商工会議所を訪問する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧