東日本大震災

  • Check

マラソンで感謝伝える ユーラシア大陸横断挑戦のガリバー会長ら本県入り 

県庁前を走る(右から)羽鳥さん、彰人さん、須釜さん

 ユーラシア大陸横断マラソンに挑戦し、東京のゴールを目指す中古車販売「ガリバーインターナショナル」会長の羽鳥兼市さん(71)と三男彰人さん(28)、同社執行役員の須釜武伸さん(50)の3人は22日、福島県入りした。23日には福島市に入り、報道陣の質問に答えた。
 羽鳥さんは、東日本大震災で日本を支援してくれた世界の人々に感謝の気持ちを届けようと昨年6月25日にパリを出発。1週間に1日程度の休息を取りながら1日43キロ前後を走り、北京まで約1万2600キロは今年7月6日に走破した。14カ国目となる日本に10日着き、北海道から南下している。
 これまで、けがや病気と闘いながらも、周囲の声援や日本への思いを胸に走り抜いてきたという。兼市さんは「70歳を超えた私でも、ここまでたどり着くことができた。諦めなければ何でもできることを皆さんに知ってもらえればうれしい」と話す。彰人さんは「われわれは3人が元気でなければ前に進めない。福島も日本も同じ。心を一つに復興を目指したい」と須釜さんと声を合わせた。
 3人は24日から26日にかけて、郡山~須賀川~白河と走り、8月2日に東京にゴールする予定。

■佐藤知事訪問Tシャツ贈る
 羽鳥さんら3人は23日、福島市の県庁を訪れ、佐藤雄平知事を訪問した。
 羽鳥さんは「走っていて福島頑張れという声もあった。日本が世界から愛されていることも実感した」と話した。佐藤知事は「県民も元気をもらっている。頑張ってゴールしてほしい」と固く握手を交わした。
 羽鳥さんは着用する黄色いTシャツや「挑戦」と書かれたタオルを知事に贈った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧