東日本大震災

「震災から1年5カ月」アーカイブ

  • Check

区域再編に温度差 浪江 双葉 賠償納得せず

 浪江町と双葉町は賠償基準の内容について十分に納得していないのが実情で、避難区域再編に向けた住民説明会開催の見通しすら立っていない。
 馬場有町長は月10万円の精神的損害賠償基準について「到底応じられない。増額すべき」と強調。さらに田畑、森林、事業用財物の賠償基準が示されていないと指摘し、「一日も早く検討すべき」と注文を付ける。
 一方、3方式から被害者が最高額を選べる土地・家屋の賠償については「議論の進展があった」と評価。家財などの賠償も「一定の評価はできる。柔軟性が見られる」と受け止める。馬場町長は「賠償基準が出され、一定の方向性は見えてきた。今後、避難区域再編について具体的な議論に入る」としている。
 双葉町の井戸川克隆町長も賠償基準について「双葉郡内で協議してきた成果が反映されていない」と述べ、課題が残っているという見解を示している。
 ただ、賠償基準を受け入れるかどうかは住民の判断とした上で「納得できる住民にとって生活再建に大きく踏み込むことができる」と述べ、停滞していた賠償問題が一定程度前進したという見方を示す。
 避難区域再編をめぐっては、国に対して放射線量が高い場所に合わせ、町内全域を帰還困難区域とするように要請している。

カテゴリー:震災から1年5カ月

「震災から1年5カ月」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧