東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

原発作業員が死亡 福島第一、心筋梗塞か

 東京電力は22日、福島第一原発内で男性作業員(57)が意識不明の状態で見つかり、心肺停止状態でいわき市内の病院に搬送されたと発表した。県警によると、男性は同日午後に死亡した。東電は「現時点で倒れた原因や持病の有無は分からない」としている。県警は、死因は心筋梗塞とみて調べている。
 東電によると、男性は同日午前9時ごろから、他の作業員4人と汚染水貯蔵タンクの増設工事に当たっていた。同9時50分ごろに体調不良を訴え、厚生棟の休憩室で休んでいた。1度は「体調が良くなった」と同僚に伝えたが、同10時35分ごろ、意識のない状態であおむけに倒れているのを別の作業員に発見されたという。同原発事故の収束作業に当たった作業員の死亡は東電が把握しているだけで5人目。
 男性は昨年8月から同原発で働き始め、累積の被ばく線量は25.24ミリシーベルトという。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧