東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

中間貯蔵施設調査、 大熊町議会が容認 町長は慎重姿勢

 東京電力福島第一原発事故に伴う汚染廃棄物の中間貯蔵施設について、大熊町議会は23日、「設置の可否は別の問題」とした上で町内の調査候補地で事前調査を実施する政府方針を容認することで一致した。政府が調査候補地としている大熊、双葉、楢葉3町の町議会で事前調査受け入れを表明したのは初めて。町議会側の判断に対して渡辺利綱町長は「町が単独で決めることではない」と慎重な姿勢を示した。
 全員協議会は環境省の担当者を呼び、非公開で開かれた。終了後、千葉幸生議長が記者団の質問に答え、「候補地イコール設置場所ではない」と前置きした上で、「(設置の可否などを判断するには)最低限の青写真を示してもらう必要がある」と指摘。「調査もさせないでは先に進まない。調査を始めてもらうことに異論はない」と、議会としての判断理由を説明した。ただ、「設置そのものを良しとしたわけではない」と重ねて強調した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧